読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よこのつながり

産後ケアとグリーフケアとわたしというものと、そのつながりについて、言葉にしながら考えたい。そんなページです。

出番がないことを願いつつ、でももしもの時に ~マドレボニータ救命救急トレーニング~

f:id:yokomizu:20170403113548j:plain

 

最近グリーフケアのことばかり更新が続いていますが、産後ケアの活動も現役ですよ。

 

この日はマドレボニータ在京インストラクター、スタッフのための救命救急のトレーニングでした。と書きつつ、吉祥寺スペシャル講座を来週担当する岐阜のひろりんも!!

 

もしもの時に思考や身体が硬直しないように、一年に一度、いずれかの講習会に参加することが必須となっています。安全を守るために大切!

 

ですができるなら、この学んだことを使わずに1年が経つことを願うばかりです。
幸いにと言いますか、今まで必要となったことはないのですが。

 

それにしても今回また定期的な学びの確認と実習で、実際に身体を動かして確認すること、とても大切だなぁと、改めて感じました

抗えないときにこそ・・

 

f:id:yokomizu:20170403113130j:plain

 
でーすーよーね〜。

久しぶりに、気圧の影響を思いきりうけております。
 
(ちなみに写真は、「頭つーる」という気圧予報アプリです。超便利!)

昨日はとても調子が良かっただけに、この抗えない感じ、無力な感じがすこし切なく。。

ただ、「自分の力だけではどうにも出来ないことがあるんだ」とか、「大気という宇宙の動きを相手にしたら、私は本当にちっぽけで無力な存在なんだ」というところを漂うしかないのだけれど、そう感じることができると、「人と共に生きること」の大切さも感じられるなぁと、この頃気づいて。

そうすると、「わたし」も「あなた」も大切にしようという気持ちが大きくなって。

そう思える自分は、なんだか悪くないなぁと感じているので、気圧の変動に怯え過ぎず、疎み過ぎず、いられるようになってきたなぁ・・そんな感じです。

と、この投稿を書きながら、のろりのろりとリヴオンのオフィスohanaへ向かってるなうです。

今日はohanaでやることがたっぷりあるので、からださんと相談しつつ進めていきます。

 

 

6年前のこの日、

 f:id:yokomizu:20170312002804j:image

子どもたちと3人で、先日名古屋で参加した命灯会(みょうとうえ)のつながりで知った「ともしびプロジェクト」のキャンドルに火を灯し、黙祷し、ひとりひとり3.11への思いを言葉にしました。 

 

6年前のこの日、東京にいた私は、あまりにも長い揺れの異様さに心も揺さぶられながら、保育園と小学校にいる子どもたちのお迎えに向かいました。

 

子どもたちの無事を確認して少し安心し、TVの報道にまた気持ちが揺れて、Facebook上で帰宅困難になっている友人達の様子に、何か出来ないかと遅くまでタイムラインを追い、翌朝赤羽までたどり着いたよねちゃんと会って話をしたり、都内も混乱の状況だったので、当時の産後クラスを休講にして、ご参加者のおひとりおひとりに電話をして様子を聞いたり・・・

 

「とにかく、今目の前にいる人に、自分が出来ることをする」

 

と、言えば聞こえはいいですが、当時子どもたちが小さくて、現地へボランティアに行くことが難しく、なんの力にもなれないことが情けなかった気持ちが、より目の前の活動へと駆り立てたのだと、今振り返ってみて感じています。

 

それから1年後、すこし自分も周囲の状況も落ち着いてきて、東北での活動にも関わっていきたいと思いはじめた頃に、夫の急死。

誰かの力になるどころか、たくさんの人を頼らないと自分のいのちをつなぐことすら難しくて。。

 

幸いにも、マドレボニータのインストラクター仲間や、事務局メンバーなどが文字通り駆けつけてくれて、クラスの休講・代講などの手続き、家事や育児のサポート、泊まり込みで話を聴いてくれたりetc・・

 

他にもたくさんの人が声をかけて、手を貸してくださり、その支えによって、生活や仕事を続けることができたことを、今でも深く感謝しています。

この経験があるからこそ、グリーフサポートは専門的な職種の人じゃなくても出来ることを実感しています。そして、自分が受けた恩を返したいし、次へと送っていきたい!との思いから、マドレボニータとリヴオンで活動をしています。

 

ただ、その頃の私はグリーフについてまったく知らない状態で、「今までの自分に合っていたセルフケア」だけでこの時期を乗り越えようとした結果、活動が身体と心の限界を超えてしまい、動けなくなってしまったという経験もしています。

 

だから、グリーフについての情報ができうる限り早く、大切な人を亡くした人に届いてほしい!という願いをこめて、グリーフケアの講座や講演や研修を担当させていただいています。まだまだまだ至らないところばかりですが・・

 

そんなリヴオンでお伝えしているグリーフケアの学びのなかで、グリーフの個別性について、まずは「そのままに受け止める」ことの大切さについて共有するために、「大切な人を亡くした人のための権利条約」というものがあります。

 

f:id:yokomizu:20170312002834j:image

 

「悲しんでもいい」「自分を許してもいい」「思い出さない時もいい」・・・

 

私が初めて読んだ時、自分に優しく語りかけてくる言葉に、自分の身体や心に起きていることを裁かずに、自分に対してもうすこし優しいまなざしを持とうと、やっと思えるようになったのでした。

 

権利条約の文章はリヴオンのHPにも掲載されていますが、今回画像と共にブログでご紹介していますので、良かったら、身近な人を死別でなくした経験がまだない方にもご一読頂けますと嬉しいです。

 

自分が先では無い限り、誰もがいつかは「大切な人をなくす」はずなので・・

また、いつか自分が死に逝く時も、誰かは「大切な人をなくす」と思うので・・

 

ここまで書くのにとてもとても時間とエネルギーが必要で、あと数分で3月11日が終わるところでやっと言葉にできました。

 

長くなりましたが、そのままにここへ置かせていただきたいと思います。

 

今生きているいのちも、亡くなったいのちも、どうか、生き続けますように・・
祈りとともに、これからも活動して参ります。