よこのつながり

産後ケアとグリーフケアとわたしというものと、そのつながりについて、言葉にしながら考えたい。そんなページです。

これまでのはたらきについて

最近、言葉にして残しておきたいことがたくさんあって、

でも個人のブログには書けてないなぁ・・と思って

久しぶりにページを開いたら、最終更新日が6月20日^^;

 

f:id:yokomizu:20170908231403j:plain

このままだと、さらに2ヶ月くらい放置しそうな感じがしたので、

ひとまず徒然なるままに書いてみたいと思います。

 

えっと、まずは最近の動きについて。

 

私は、NPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクターと、

一般社団法人リヴオン理事と、ストレングスファインダーコーチというものを

やっています。

 

マドレが1番長くて、2004年からインストラクターとして

活動しているので今年で14年目。

 

 

リヴオンは夫が亡くなった翌年の2013年に過労などが積み重なって

年末にダウン。その翌年の2月頃に代表のてるみんと出会ったので、

リヴオンに出会ってから3年半くらい。共に活動してからは2年半ほど。

(え、そんなにわずかだっけ?という程濃い時間を過ごしていますが^^)

 

ありがたいことに、リヴオンへの依頼で日本の伝統教団の本山で

講演を担当させていただいたり、自主事業として「いのちの学校」

というグリーフ(=大切な人やものを失う時に生まれてくる

様々な感情・反応・プロセス)ケアを学び合う講座なども担当しています。

 

ストレングスファインダーは自分自身が個性や才能をもっと効果的に

活かせるようになりたいと学んだことがはじまりで、

ストレングスコーチコースを修了してから2年ほどになります。

 

恐らくこれから専門的に取り組んでいくのは「プロジェクトや組織などでの

チーム内で、お互いを活かしあう関係構築」だと感じています。

なぜなら、ひとりひとりの個性を把握して最適な配置ができることが、

私自身の喜びでもあり、そしてそれはちょっと得意だったりするので。

 

数年前までは、マドレの活動が一番多い状態でしたが、

年々リヴオンでの仕事が増え、今や逆転しています。

 

明日も中学校の文化祭で「いのちの授業」という自殺予防教育という

テーマでの講演を担当します。なので、そろそろ寝なくては・・

(現在23:36)

 

・・本当につらつらと書いただけで、オチもないのですが、

現在に至るまでの働き方についても明日ちょこっとお話しする予定なので、

ひとまず自分自身さいきのふりかえりとして。

産後に不安や悩みもあるのは自然なこと*産後ケア赤羽教室6月2週目

 

f:id:yokomizu:20170620205043j:plain

なんでしょう。今朝はなんだかものすごくボケていまして、いろいろと忘れてしまいましたが、産後ケア教室の持ち物は全部揃ってて良かったです( ´ ▽ ` )

 

赤羽教室6月コース2週目も、全員揃って開催となりました☆

ちなみにiphoneまで忘れてしまったのですが、そのおかげで(?)写真を撮っていただきました〜。途中までカメラに気付かず、結構無防備(^^;

ようこちゃん、参加者なのにアシスタントの様な心配りありがとうございます!!

 

先週からの身体の変化を聞いてみると、各所に筋肉痛が来た模様^^

そこからのエクササイズは、前回よりも動きに勢いがついてきました。

湿度が高く蒸し暑さが不快だったからか、子どもたちの声も頻繁に届いていましたが、

みなさん2週目にして、潔い抱っこ具合。ほぼフルで抱っこしていた方も!

体力が落ちていると、わが子の欲求にも「ま、待って・・」と省エネになりがち。

そんな時に必要なのは母性、よりも前に筋力です!来週はさらに身体を磨いていきましょう☆ 

 

f:id:yokomizu:20170620204748j:plain

自己表現とコミュニケーションの時間であるシェアリングでは、「仕事と人生、違うテーマを選んだのに、行き着く所が近くて、同じ事に悩んでいるんだなぁと。面白かったし、自分だけじゃないんだと嬉しかった」

「不安があまりにもあり過ぎるからか、かえって楽観的な思考や発言になっている自分に気付いた。夫と協力して、育児と仕事のリズムを良くしたいけれど・・」

「人生について想いはあるのに、言葉にすることが難しかった。こうしたいがすぐには決められなくても、今どうしたいかを大切にしていきたい」

等々の感想が。

 

人生・仕事・パートナーシップを通して見つめなおす「新しい家族を迎えた私たちのこれから」は、不安や悩みがあっても自然なことなのだと思います。

だって、新しい家族も含めて「いのち」に関わることだから。

 

f:id:yokomizu:20170620204909j:plain

「出来うるなら、みんなが健やかに暮らせる様に」「でも、仕事だって大切にしたい」・・etc

そんな様々な想いを自分の中にしまい込むだけではなくて、相手に伝えるためにすこしだけ取り出して言葉にしていくことで、「自分が本当の本当に大切にしたいこと」が現れてくるのでは・・と。そんなことを改めて感じました。

 

来週も、おひとりおひとりの身体の動きや心の動きを、丁寧に見届けさせていただきたいと思います。

地域で、顔を合わせて、運動とコミュニケーション

東京都北区の各児童館で開催中「産前産後のセルフケア講座」。

本日5月26日(金)は、北区浮間子ども・ティーンズセンターで開催されました。

 

f:id:yokomizu:20170529154127j:plain

 

 午前中はあいにくの雨模様でしたが、お申込の方々、赤ちゃんと共にいらしてくださいました。はじまる前からおつかれさまです!

中には「義母が見てくれることになり」と単身でご参加の方もいらっしゃいました。身体は楽なんですけれど、傍らにいないのは不思議な感じですよね。

 

エクササイズをして、コミュニケーションワークをして、最後にセルフケアを覚えてお土産に。

 

f:id:yokomizu:20170529154147j:plain

運動は家でもやろうと思えばできます。

ですが、こうやって場に赴くことの醍醐味って、直接顔を合わせて、声を聴き合いながらコミュニケーションができることだなぁと、修了後の表情の明るさで改めて感じました。

 

産前産後のセルフケア講座の今年度スケジュールは、こちらから確認出来ます。

北区で、妊娠・出産中の方は、この機会をお見逃しなく!